チベットスナギツネとはどんな生き物?目が細い理由や特徴を調査!

スポンサーリンク
ニュース

みなさんこんにちは、ざくろいしです♪

Twitterのトレンドで突如ランク入りした『チベットスナギツネ』。

度々話題になるような気がするのですが、一体どんな生き物なのか気になりませんか?

今回はそんな『チベットスナギツネ』とはどんな生き物なのか、目が細い理由特徴を調べて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

チベットスナギツネとはどんな生き物?

カップラーメンのフタをめくると6%の確率で遭遇できる”レアキャラ”としてバズった『チベットスナギツネ』。

可愛い猫ちゃんが目的で買った方が「まさかチベットスナギツネが出るなんて…」とツイートしたりして話題になりましたね。

ところでチベットスナギツネ自体はどんな生き物なのでしょうか?

調べてみると、草原や山の斜面などで生活するイヌ科キツネ目の雑食の生き物だそうです。

実際の写真はこちら。

何とも形容しがたい表情をしていますよね(笑)

よく関連する言葉として「目が死んでいる」などと表現されますが、たしかにこれは目に生気が感じられませんね…

チベットスナギツネの目が細い理由や特徴は?

ここからは独特な表情をしている写真が有名な『チベットスナギツネ』の目が細い理由や特徴などについて調査していきたいと思います!

チベットスナギツネは絶滅を危惧されている動物ということで、撮影が成功したのは2006年のことだそうです。

そしてチベットスナギツネの特徴である目を細めた表情について調査してみましたが、理由は不明とのことなのです。

というのも、野生動物の生態は解明されていないことも多く、チベットスナギツネもそのひとつなのだそうです。

一説では「顔を大きく見せて威嚇している」という説も唱えられています。

詳細な理由はいずれにしても不明のままですが、日本では定期的に話題になって愛されている動物の一種と言えそうですね♪

まとめ

今回は『チベットスナギツネ』について調べて書いてきましたが、いかがでしたか?

ネット上では「目が死んでいる」「独特な表情をしてる」など度々話題になりますが、意外な理由で驚きました!

それでは♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました