Dejavina(リサイタルズ)読み方や和訳は?意味や何語かも調査!

スポンサーリンク
アーティスト

みなさんこんにちは、ざくろいしです♪

東海オンエアの目立ちたがり屋3人組で構成された「リサイタルズ」の新曲『Dejavina』が話題になっていますね!

ところで読み方や和訳したらどんな意味になるのでしょう?

今回は『Dejavina』の読み方和訳どんな意味何語なのか調査して書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

Dejavinaの読み方や和訳は?

リサイタルズ」のメンバーの一人エース(しばゆー)が作詞したこの『Dejavina』という楽曲。

約4か月前にリリースされた「俺らリサイタルズ」も同じくエース(しばゆー)さんが作詞されていました。

『Dejavina』は前回以上に意味の解らない内容で、「全然意味がわからない!(笑)」「意味わかんないのにかっこいい!」の声であふれていました(笑)

そんなこの『Dejavina』はどういう読み方でどう訳されるのでしょうか?

読み方に関しては曲中でも「デジャヴィナ」と発音されているようなので、普通に読む際は「デジャヴィナ」と読めばいいと思われます。

問題なのは和訳で、実際に訳してみたところ”行為”と訳されることがわかりました。

一応翻訳されはしましたが、Dejavinaの内容としては”愛について歌っている”と言われていますから、ちょっと邪なことも頭をよぎりますね(笑)

しかし、皆さんも一度は耳にしたことがあるであろうフランス語由来の”デジャヴ(deja vu)”に由来しているとも考えられませんか?

ちなみにデジャヴ(既視感)自体の意味は以下のようになっているようですよ。

既視感(きしかん)は、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じる現象である。

出典元:Wikipedia

曲の内容自体は確かに意味不明ではありますが、語源がデジャヴ(既視感)だとするなら「Dejavina自体は初めて聴くが、前回の曲(俺らリサイタルズ)と同じように意味の解らないことを体験した」というリスナーの置かれた状態そのものを指しているのではないか、という意味にも取れそうですよね!

個人的には前曲の”俺らリサイタルズ”の方がまだ意味が分かるような歌詞だった気はしますが(笑)

いずれにしても人を楽しませる天才であるというしばゆーさんの力がいかんなく発揮された結果と言えそうです♪

Dejavinaはどんな意味で何語なの?

読み方が分かったところで次に気になることはやっぱり『Dejavina』という単語の意味なのではないでしょうか。

https://twitter.com/m_milkoO/status/1373124451395497984

 

調べている方々も見受けられますが、その誰もが結局「???」となっている様子。

調査してみたところ、その真実は作詞者であるエース(しばゆー)のみ知る造語ではないか?という結論に落ち着きました。

というのも、先ほどの項目で訳してみた際に自動検出で出てきた言語がスロベニア語だったのです。

スロベニア語はその名の通りスロベニアの公用語として使われており、約220万人の人が普段から話している言語です。

日本語を普段から話している人口が約1億3千万人以上ということからも、日常会話として用いている人数がかなり少ないことが分かりますね。

そして日々エンタメを届ける東海オンエアのメンバーであるしばゆーが狙ってこの言語を選択した可能性は極めて低いのではないかと考えられます。

このことからも『Dejavina』という単語自体しばゆーの造語である可能性が一番濃厚なのではないでしょうか。

結局のところ現時点で事の真相を知るのは生み出した本人や『Dejavina』制作に携わったごく近しい人のみだと思われます。

「リサイタルズ」の新曲が発表されて間もないですが、また何か月か後に新曲を出してほしいですよね!

↓意味や曲の内容を考察してみました!↓
Dejavina(リサイタルズ)の意味は何?曲の内容も考察!

まとめ

今回は東海オンエアの3人で結成されている「リサイタルズ」がリリースした新曲『Dejavina』の読み方や和訳などについて調べて書いてきましたが、いかがでしたか?

絶妙に意味の解らない内容とPVや振り付けがプロの仕業でエンターテインメント性の高さが非常にマッチしていて、今後も何度もリピート再生してしまいそうです(笑)

それでは♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました